誘うのは恥ずかしいことではない

私も女の自分から誘うのは恥ずかしいことだと以前まで考えていました。結局13年セックスレスで悩んだのですが、その結論はそんなの関係ねぇ(笑)ってことです。

 

お腹がすいたら食事をしますし、眠かったら寝ます。セックスしたかったらセックスできるよう努力すればいいんです。もちろん相手があってのことですから、こちらがしたいタイミングでいつでもできるわけではありません。

 

ただ誘うこと自体に恥ずかしさを感じる必要はないということです。さらに誘って断られれても別に恥ずかしいことでも何でもありません。女性だって男性からの誘いを断った経験はいくらでもあるでしょう。相手のタイミングもあることですから、断られることも当然あります

 

正しい誘い方なんてない

その上でどう誘うかということですが、正しい誘い方なんてないことです。私も長く悩んでいましたのでその間色々調べましたが、その誘い方は人それぞれでした。その一部をご紹介します。

 

香りで誘う

良い香りのボディークリームなどをお風呂上がりにつけて布団に入るだけで、効果のあった夫婦もいらっしゃいました。

 

女性的な香りを振りまくことで、あなたの隣に寝ているのは女性なんだよということを改めて伝える効果があるのでしょう。ただいきなり強い香りだと嫌がる男性も多いので注意が必要です。

 

したいと言う

もうストレートにしたいと言うだけ。セックスレスが数か月程度であればまだしも長期間続いていると驚かれる可能性も高そうですよね。

 

ただ数か月程度のセックスレスでは一番効果的な気もします。

 

マッサージする

ボディータッチが少なくなってしまっている場合は、マッサージをすることで肌の触れ合いを取り戻しましょう。

 

もし疲れているという理由でセックスレスになっているのであれば、疲労回復という意味でも効果はあります。ただセックスするためだけのマッサージと考えると、報われなかったときにかなりイライラするので、あくまでサービスの一つとして考えましょう。

 

夫のアソコを触る

これも長期的にセックスレスになっている場合は逆効果になりそうですね。効果的なのは数か月のセックスレスまででしょうか。

 

ただチョンチョンと触るだけなら断られても冗談で済ませることもできるので、ある意味では気楽に試せる方法かもしれません。

 

誘うときの注意点

特に長い間セックスレスになっている場合は、誘ったその日にセックスになるということはほとんどないということです。重要なのはまずセックスを意識させることです。

 

長くセックスレスになると、夫婦でセックスするなんてことは完全に忘れてしまっている場合があります。こうなってしまうと、誘ったとしてもいきなりその気にはなれないことがほとんどなのです。

 

ちなみに私の場合は香りとマッサージを試したのですが、あまり効果的ではありませんでした。今ではセックスレスを解消しましたので、興味のある方はセックスレスを解消するためにをご覧いただければと思います。

私がセックスレスを解消した方法

セックスレスを解消するために私なりに色々努力しました。初めて旦那にセックスレスのことについて泣きながら打ち明けたときは、本当に勇気のいる決断だったのを覚えています

しかし結果は惨敗。いつものように旦那は私に背を向けて横になり、すぐにイビキかき始める毎日。なんでこんなに勇気を振り絞ったのに、そう思いながらベッドで一人泣いてしまいました。

後に気づいたのですが、私がセックスレス解消のためにしてきた努力は実はNG行動ばかりだったのです。その行動を改めてから3か月で、私たち夫婦は7年ぶりのセックスをしました。

今では月に1回以上はセックスがあります。私はもっとあってもいいのですが、お互いの年齢を考えれば私は十分幸せです。私の体験談が皆さんのお役に立てれば幸いです。

私がセックスレスを解消した方法