セックスレスがストレスを生む

セックスレスってストレスになるんですよね。悩んだことのない人にはなぜストレスになるかわからないんでしょうが、それこそ気が変になるくらいツライんです。

 

その逆で、仕事のストレスなどでセックスレスになるケースというのもありますね。それはストレスによって引きおこるセックスレスをご覧ください。

 

一番つらいのは「(この前旦那にはセックスレスについて相談したし、この連休中はあるかも)」と期待しながら布団に入ってすぐいびきが聞こえてきたときですね。

 

もう怒りとか悲しみとか悔しさみたいなダークな感情がもう体中を巡って、その結果いびきをかいている旦那の隣で泣くしかできない。この時は本当に頭がおかしくなるかと思いました。

 

私が旦那に相談するために振り絞った勇気、これまで悩んできた時間、ついた傷、そして少しの期待、そのすべてを無視して寝やがった!もう言葉になりませんでしたね。

 

そのくせ次の日になったら、平然とご飯のこととかを聞いてくるわけです。いや〜思い出すだけで沸々と怒りや悲しみがこみ上げてきますね(笑)

 

人生はセックスだけじゃない

セックスレスで悩み始めると一日中そのことばかり考えて、思い詰めてしまうことがあります。

 

私の場合は波があり、その波が来ると1ヶ月くらいは「なんで私は無視されるんだ」「私の人生はもう家政婦として生きるのか」など、そんなことをずっと考えてしまうんですね。

 

それはもう暗いオーラが全開だったと思います。そんな暗い女、尚更抱かれるはずないのに、そんなことお構いなしでした。

 

ですがふと人生ってセックスだけじゃないなと思ったんです。まあ当たり前なことなんですが、悩んでいるとそれさえも見えなくなってしまうんですよね。でもそう考えると少し気が楽になりました。

 

もちろんセックスも大切ですし決して諦めたわけではありませんが、それ以外にも子供の成長はまだまだ楽しみだし、ドラマの次回は気になるし、スーパーのモンブランは地味においしいし、ちょっとした楽しみはいくらでもあったのです。

 

少なくとも暗い気持ちでずっといても、セックスレスは解決に向かいません。もちろんセックスレスの問題とは向き合うとして、それとは別の関心事も見つけておきましょう。

私がセックスレスを解消した方法

セックスレスを解消するために私なりに色々努力しました。初めて旦那にセックスレスのことについて泣きながら打ち明けたときは、本当に勇気のいる決断だったのを覚えています

しかし結果は惨敗。いつものように旦那は私に背を向けて横になり、すぐにイビキかき始める毎日。なんでこんなに勇気を振り絞ったのに、そう思いながらベッドで一人泣いてしまいました。

後に気づいたのですが、私がセックスレス解消のためにしてきた努力は実はNG行動ばかりだったのです。その行動を改めてから3か月で、私たち夫婦は7年ぶりのセックスをしました。

今では月に1回以上はセックスがあります。私はもっとあってもいいのですが、お互いの年齢を考えれば私は十分幸せです。私の体験談が皆さんのお役に立てれば幸いです。

私がセックスレスを解消した方法