セックスは非常に大切なこと

私は2人目の子供ができてから約13年セックスレスとなり、その間セックスレスについて悩む時期と気にしなくなる時期が交互に現れていました。

 

悩んでいる時期は本当につらく色々自分でも調べて、離婚を考えたこともあります。ですが結局セックスレスが嫌だから離婚したいというのは、私にとってあまりにふしだらな理由に思えて口にできるようなことではありませんでした。

 

口にせずともセックスがしたいという理由で離婚した自分が卑しく思えてしまうような気がしてならなかったのです。そして考えたのはセックスって何だろうということでした。

 

色々考えて、色々調べて「パートナーとの愛を確かめる行為」とか「愛の上に成り立つ神聖なもの」とか様々な考え方に触れましたが、私の結論は「種の保存」でした(笑)。

 

別に特別なことではなく、生物としてセックスとは子孫を残して人間を絶滅させないための非常に重要な行動の一つということです。3大欲求として「食欲」「睡眠欲」「性欲」がありますが、この3つを満たすことが生物としての仕事だと改めて思ったのです。

 

そう考えるともっとセックスについて真面目に向き合ってもいい気がしてきました。恥ずかしがるようなことではないと。だから離婚をする前に本気でセックスレスを解消する努力を始めました。

 

セックスするために努力する!セックスしたい!言葉にすると卑しい感じがしますが、もうそれでもいいや。人間にオスとメスがあるのはセックスをするためじゃないか(笑)。とそう思えるようになったのです。

 

セックスレスで離婚すべきか

個人的には本気で努力をして、色々試して、それでもダメで、まだ諦めきれないということであれば離婚を検討してもいいと思います。

 

ですが重要なのは離婚の前に本気で努力をすることです。離婚してセックスのある生活を手に入れたとしても、離婚によって失ったものも決して小さくはありません。

 

さらに言えば離婚さえすれば愛する人に抱かれる生活が戻るという保証ももちろんないのです。

 

一応離婚の話を切り出しても夫に受け入れられなかった場合は、セックスレスを原因に裁判所に離婚調停を求めることはできます。

 

今私は夫とセックスのある生活を取り戻し、当時離婚を考えていたころを冷静に振り返ると、離婚という手段は私を放っておいた夫への復讐の側面が強かったのではないかなとも思います。

 

結果的に本気で努力をしてセックスレスを解消することができました、あの時追い詰められた勢いで離婚に踏み切らなくてよかったなとしみじみ思います。

 

もし今セックスレスが原因で離婚をお考えであればセックスレス解消のためにを一度読んで、試してみてから再度検討してみていただきたいと思います。

私がセックスレスを解消した方法

セックスレスを解消するために私なりに色々努力しました。初めて旦那にセックスレスのことについて泣きながら打ち明けたときは、本当に勇気のいる決断だったのを覚えています

しかし結果は惨敗。いつものように旦那は私に背を向けて横になり、すぐにイビキかき始める毎日。なんでこんなに勇気を振り絞ったのに、そう思いながらベッドで一人泣いてしまいました。

後に気づいたのですが、私がセックスレス解消のためにしてきた努力は実はNG行動ばかりだったのです。その行動を改めてから3か月で、私たち夫婦は7年ぶりのセックスをしました。

今では月に1回以上はセックスがあります。私はもっとあってもいいのですが、お互いの年齢を考えれば私は十分幸せです。私の体験談が皆さんのお役に立てれば幸いです。

私がセックスレスを解消した方法