まずは女性でいること

セックスしてくれないということは、旦那さんに女として見られていないということになります。

 

その原因は様々で例えば体型が変わってしまったり、母となってからは女ではなく肉親のように思えてしまったり、しばらく化粧をしたキレイな姿を見せていなかったりと様々です。

 

なので付き合いたての彼氏との生活を想像して、少しずつ取り入れてみましょう。すると普通男性の前ではこんなことしないなぁということがたくさんあるはずです。

 

もちろんそのような隙がある部分も見せられるからこそ家族という面もありますが、その分男女の関係が薄れる可能性もあるということを意識した方がいいでしょう。

男性として見ること

あなた自身が女性でいることも非常に重要なのですが、それと同じくらい「私は夫を男性として見ている」ことを意識させることが重要です。

 

セックスレスの夫婦では旦那さん自身が男としての自覚がないというパターンがあります。男女が一つ屋根の下暮らしているのではなく、ぼんやりと家族が2人で暮らしているというイメージです。

 

なので旦那さんにあなたは男であるという自覚を持ってもらうのです。例えば何か重いものを運んでもらった時にその逞しさを褒めたり、カッコいいというだけでも男性らしさを褒めることになります。

 

また一緒にテレビを見ていて「男の人ってみんなこんな考え方なの?」という質問をすれば、男として回答しなければなりませんから男女を意識させることができます。

 

さらにキレイな女性タレントが出てくればちょっとしたやきもちを焼いてみたり、理想の女性像を聞いてみたりするとことも男性を意識させるきっかけになります。

 

このように普段のコミュニケーションを家族としてだけでなく、男女として行うことが大切になります。

私がセックスレスを解消した方法

セックスレスを解消するために私なりに色々努力しました。初めて旦那にセックスレスのことについて泣きながら打ち明けたときは、本当に勇気のいる決断だったのを覚えています

しかし結果は惨敗。いつものように旦那は私に背を向けて横になり、すぐにイビキかき始める毎日。なんでこんなに勇気を振り絞ったのに、そう思いながらベッドで一人泣いてしまいました。

後に気づいたのですが、私がセックスレス解消のためにしてきた努力は実はNG行動ばかりだったのです。その行動を改めてから3か月で、私たち夫婦は7年ぶりのセックスをしました。

今では月に1回以上はセックスがあります。私はもっとあってもいいのですが、お互いの年齢を考えれば私は十分幸せです。私の体験談が皆さんのお役に立てれば幸いです。

私がセックスレスを解消した方法