若いのにレスになることがある

セックスレスの主な原因は妊娠や出産だったりするので、30代40代以降の夫婦に多く見られるのですが、最近では20代の若い方でもセックスレスになってしまうカップルや夫婦が増えてきました。

 

もし子供を望む場合は深刻な問題となりますし、今は大して悩んでいなくても後々「私はこのまま一生抱かれることないのかな」と思うときがやってきます。

 

私自身セックスレスになってからの数年間はあまり気にしてなかったのですが、時が経つにつれてこれではいけないという思いが強まりました

若いレスの原因は仕事

若い方でセックスレスになってしまうパターンの一つは仕事のストレスでしょう。20代の頃はバリバリと働ける年齢と言うこともあり、男女ともに残業が多い業種でも頑張ってしまう方が多くいます。

 

すると平日はもちろん休日もゆっくり身体を休ませたいということになり、セックスをしようとあまり思わなくなってきてしまうのです。

 

実際ストレスが強い状態だと脳が緊張状態となって性欲が減退します。性欲が現れるのは脳がリラックス状態にいるときなので、身体的にもセックスを求めなくなってしまうんです。

経験不足

男性の草食化が話題に上がりますが、実際男女ともに性体験の未経験率が2000年以降次第に高くなってきています。つまり経験不足の男女が増えてきているのです。

 

若いときに初体験を済ませて性経験が豊富なほうが、セックスへの関心も高く積極的になる傾向があり、そうでない場合はセックスへの関心が薄れたり、苦手意識を持っている場合があるのです。

 

このような場合はお互いもっとセックスを恥ずかしいものと考えず、楽しむ努力をした方がいいかもしれませんね。

私がセックスレスを解消した方法

セックスレスを解消するために私なりに色々努力しました。初めて旦那にセックスレスのことについて泣きながら打ち明けたときは、本当に勇気のいる決断だったのを覚えています

しかし結果は惨敗。いつものように旦那は私に背を向けて横になり、すぐにイビキかき始める毎日。なんでこんなに勇気を振り絞ったのに、そう思いながらベッドで一人泣いてしまいました。

後に気づいたのですが、私がセックスレス解消のためにしてきた努力は実はNG行動ばかりだったのです。その行動を改めてから3か月で、私たち夫婦は7年ぶりのセックスをしました。

今では月に1回以上はセックスがあります。私はもっとあってもいいのですが、お互いの年齢を考えれば私は十分幸せです。私の体験談が皆さんのお役に立てれば幸いです。

私がセックスレスを解消した方法